横浜公園

カテゴリ:
4533d0f0.jpg横浜公園は目下、チューリップが満開でした。元々、今日は花を撮影するのが目的だったのだけれども、猫がいるとやはり、その撮影に夢中になってしまった。

三渓園の猫

カテゴリ:
1494ee5b.jpgもうこれっきりと
思うのだけれど
妙に離れられない

こちらをじっと見つめて
時間がゆっくりゆっくりとー-

そっちから、目を離して欲しいよ
僕からは、決して逃げないから
こうー僕は言いたかっただけなのに

城ヶ島の猫

カテゴリ:
16b67ae0.JPG呼びかけても
黙って
去っていく猫もいる

愛情に飢えているはずなのに
空腹に耐えながら

ゆっくりと歩み去っていく
姿が寂しい

小田原城址公園

カテゴリ:
e8c55779.jpg小田原城に来ると、大概、ねこちゃんに逢える。所謂、公園などに住んでいる猫と同じく野良ちゃんであることが多い。欄干の上から見つめていたら、意外とおおらかな足取りで歩いている。ひょっとしたら飼猫かもしれないなと思った。

<メモ> 小田原市ホームページ

九十九湾の猫

カテゴリ:
09454bd5.jpg数年前のアルバムから、、この猫が出てきた。九州・平戸市に行った時、九十九湾に寄ったのだが、遊覧船の切符売り場付近でこの猫が眠そうな顔をこちらに向けてきた。何故か、特別な印象の残った猫であった。

誕生おめでとう

カテゴリ:
aea141b4.jpg今日は愛猫の茶子ちゃんの誕生日。もう5年も経った。元々、姉貴のりとちゃんを飼い始めて、それが契機になりホームページをやり始めた。
ヒマラヤン種のりとちゃんが僕のいない時、寂しいだろうと思って、横浜の有名なペットショップで選んだのが茶子ちゃんだった。
平成12年4月15日生まれのこの猫は生まれつき非常に可愛い猫だ。恐らく人間だと美人の部類に入るだろう。
非常に活発で、そして寂しがり屋の一面がある茶子は僕の心の支えになっている。これまで、病気もせずに居てくれたのはありがたく思っている。
いつまで続くか分からないけど、この幸せに勝るものはない。

三つ池公園の猫

カテゴリ:
d475f6f0.jpg猫を飼い始めるようになってから、6年になりますが、その後、見向きもしなかった野良猫に興味を抱くようになりました。
猫を見るたびに、この猫は僕をひたすらに待っていたのだと思い始めるようになったのです。三ッ池公園には野鳥を撮影に来ました。お目当ての野鳥は鳩とカモしか見つけられませんでした。そんな折、このニャン子に逢ったのです。
じっと、こちらを見つめている猫、、そして僕も見つめ返します。よしよし、待っていてくれたんだなと感じるんです。

嘔吐

カテゴリ:
83099d0c.jpg愛猫を飼い始めて、ほぼ6年を迎えようとしています。ヒマラヤン種の雌猫で現在、6歳と5歳なんです。飼い始めた時、驚いたことがあります。やたらと嘔吐するのです。実際は2匹の猫ですから、交代だから月平均にすると1回〜2回なんですが、複数いるから多く感じたのかもしれません。当初は食べものが中ったのかと思い、缶詰類は食い残しはすぐに捨てることにしました。
でも定期的に繰り返すので不安になりペット病院へ相談に行きました。長毛種の猫って自分の舌で身体をグルーミングする時、毛を飲み込んでしまうのですね。それが胃にたまり嘔吐を繰り返すと知りました。
でも嘔吐でもいろんな症状がある時もあって、病気の時もあることを知りました。ちょっと診察してもらうだけど、●万円にもなると聞いてるだけに猫たちにも人間と同じように健康保険証があればなあと思うこともあります。

My room

カテゴリ:
8edcf754.jpgだいたい、我が家の猫たちは僕がパソコンに向かってると必ずと言っていいほど、そばに来ている。要はパソコンに夢中になってると、かまってくれないと思うのか、そばに来て存在をアピールするのだ。

忍城址の猫

カテゴリ:
864be9f5.jpg忍城址が目的で行ったのではない。古代・蓮の里へ行った折、ついでにココに来たと言ってもいいだろう。
古ぼけた家屋の前に雑木があり、そこから、この猫が出てきた。
可愛い猫で野良とは思えなかった。

三ッ池公園の猫

カテゴリ:
384decf9.jpg三つの比較的、大きな池があることから、三ッ池公園と称されるのだろう。ここは、水鳥が集まり桜の名所ともなっている。
この公園もご他聞に漏れず野良ちゃんが出没する。自転車に乗りながら公園内を一周していた時に出逢った。初めは警戒心があったけれど、仲良くなるのに時間はかからなかった。

松本城の猫

カテゴリ:
eb7c7581.jpg元々、軽井沢から関越方面に出るのが本筋だったのが交通事情により長野自動車道〜中央高速へと変更した煽りで松本市に来てしまったというべきだろう。
この市に来ると城を見ない手はない。ここで見かけた唯一の猫だった。

このページのトップヘ

見出し画像
×